月別アーカイブ: 2013年11月

月々の出費

旅行というと、ディズニーランドに行ってディズニーホテルに宿泊!というパターンばかりの我が家。
本当は温泉に入っておいしい魚介類を食べてのんびりしたいなーと思うところもあるのですが、子ども優先で考えると、結局ディズニーランドになってしまいます。
日帰りでも帰ってこれる距離なんですけどね。

前回のお泊りからだいぶ経つのでそろそろまた計画しようかなと思っていたら、旦那から「消費税が上がる前にリビングのエアコンと隣の部屋のエアコンを買いたいんだよね」と、一言。
リビングのエアコンはもう12年以上経つし、隣の部屋はそろそろ息子の部屋にしようかと思っていたところ。確かに必要です。

旦那がいくらぐらいのものを買おうとしているのかはまだわかりませんが、エアコン2台といったらかなりの大きな出費。
ディズニーランドなんて無理じゃん・・・ガッカリしながらも、やっぱり連れて行ってあげたい。
月々の出費を書き出して電卓片手にひたすら計算・・・無駄な出費が見えてきたのでこれを何とかすれば行けるかも!

とりあえず、毎日の旦那のお弁当を必ず作ること、ついつい疲れているときに週1ぐらいでさぼってしまう夕食作りを頑張ること。
小さなところから始めていこうと思います。

私のお金

転職して、給料が6割程度にまで落ち込んでしまった私。やりたかったライターという職業に就けたのは良かったのですが、生活はいつもギリギリ。家賃の安いマンションに引っ越す予算もなく、転職前の家に住み続けています。他で節約するしかないので、食事は三食自炊。特売や赤札の値引き品を中心に買って節約しています。美容院はカットモデルで無料で。職場の飲み会も大体お断りして、旦那さんとのデート費用以外はほとんどお金を使わない生活をしています。
そんな生活の中で、今はネット銀行を利用してお金を動かすことにしています。

さらに住信SBIネット銀行はSBIグループと住友信託銀行が合併してできたネットバンクですが、ここはあらゆる面でほかのネットバンクを凌駕してしまうネットバンクで有名です。そしてATMはセブン銀行やローソンATM等に対応していて、ほぼすべてのコンビニで利用できるのです。さらにATM手数料はセブン銀行ATMであれば、完全無料で、そのほかのATMは条件なしで月5回までとなります。そしてほかの銀行は条件を満たしていれば月1~3回まで無料になっているといったことがありますから、住信SBIネット銀行のサービスがどれだけ優れているのかといったことがわかるでしょう。そして、振込手数料は月間3回まで振込手数料無料となります。

私がクレジットカードを作るということ

私がクレジットカードをつくったのは23歳の時でそれから2年が経過しました。
そもそもクレジットカードに詳しいどころかなんの縁もなかった私がクレジットカードをつくったのはインターネットからの話題のクレジットカードの即日発行申込申し込みでのことでした。
お会計の際にカードをつくると今回のお会計から割引が適用されるというのに釣られてほいほいつくったのですが、今思えば正社員とはいえあんな低い年収でもクレジットカードがつくれるのかと思うと驚きます。
さてそんな私の現在のクレジットカードにまつわる不安というのがその年収です。
実はあの頃あんなに低かった私の年収より今の私はさらに年収が低いのです!
自営業を始めたのですがまあ生活もギリギリで今審査を受けたとしたら絶対に通らないのではなかろうかと思います。
会社員と違って安定もしていませんし。
その職業が変わったことをまだクレジットカード会社に伝えていません。
住所が変わったのでそのことに関しては変更の届を出したのですが職業が変わった場合も言わなければならないんでしょうか。
するとまた審査があったりするんでしょうか。
審査が早いクレジットカードは落ちたりするんでしょうか。
そんなにクレジットカードを持っていたいわけではないのですがあるとネットショッピングの際になにかと便利なので手放すのは惜しい気がします。
ここで落ちたらよそでも作れないでしょうし。
今の私の年収でクレジットカードを保有することが許されるのか否かが今のクレジットカードにまつわる不安です。
クレジットカードの保険では、国内旅行は対象外であったり、全額保証ではないといったことなどの制限があることがありますから注意しましょう。また提携店舗で割引をつけられるようなインターネットによる存在が出てきたときに保証してくれる空港まで無料で送迎といったサービスの種類は千差万別であり、特にゴールドカードやプラチナカード等のクレジットカードのグレードが上がってくることで付帯サービスの内容が厚くなってくるのです。そしてもちろんクレジットカードを利用してみることによるデメリットがあって、まずお金の流れがわかりにくくなるといったことで、通常ならばカードが会社からの代金請求は商品を購入してから2か月ぐらい遅れてきて実際のお金の流れに気を付けるといったことが大事です。そして、払い方には種類があって、一括払いやリボ払いなどのいわゆる返済方法をしっかりと把握してみるといったことが重要です。そして返済期間が長いと1回あたりの支払金額は少なくなって支払回数に応じた分割手数料などが付加されているので、総支払額は、当初の利用額よりかは当然多くなってくるのです。