救急車

私の住むマンションのすぐ隣には阪神高速が通っている。大阪市内を縦断するので上り線、下り線ともに四六時中多くの車が行き交う。また、阪神高速の下は大通りがあり、こちらも結構な交通量である。というわけで、朝から晩まで窓を閉めていても、車の行き交う音はわずかながら聞こえてくる。今朝はけたたましく鳴り響く救急車のサイレンの音で起こされた。普通なら短時間であっという間に音は過ぎ去って行くのだが今朝はいつまでも鳴り響く。何事かと窓から外を眺めてみると、渋滞した阪神高速の中を救急車がアナウンスをしながら走っているではないか。少しでも早めに病院へ送り届けるためにとった策だったのであろうがまさかこんなに混雑しているとは思わなかっただろう。搬送された救急患者が無事病院へ送り届けられたことを祈るばかりだ。