キャッシングやローンの返済

キャッシングやローンの返済というプレッシャーは上手く働かせると、
毎日の生活に輝きを見出す事が可能では無いかと思います。
昔の企業においては、新入社員に働く意欲を見出させるために、
会社からキャッシングを勧められていた事もあったようです。
不況の現代においてはそういった出来事は無いようですが、
キャッシングをする事で仕事を頑張れるようになる、
という点においては一理あるなと感じています。
わざわざ目的も無いのにキャッシングやローンでお金を借りるのは本当に無意味ですが、
たとえば30万円借りたいとき、欲しい物がある場合、それをキャッシングで買い、
キャッシングの返済と品物を糧に仕事を頑張れるのではと思うのです。
返済をする、という明確な目標もできるために、
毎日無意味だな、としおれて働く事は無くなると思うんですよね。
車、家、ファッション用品、家電、趣味の品物といった物をキャッシングで買うと、
その日から返済のために頑張るぞ、と踏ん張れるような気がします。
欲しい物が全く無い、という人はこの方法は利用できませんが、
現代の若者の無欲って欲を押し殺した結果だと思うんです。
お金がいくらでもあれば欲しい物は見つかるはず、
キャッシングで欲しい物を買いバリバリを働くようになれば、
暗い眼をした若者も元気が出るのでは、なんて短絡的でしょうか。